秋のキャンプ
大きな被害を出した
17号、18号と人造人間みたいな台風が過ぎ去り、
天気も回復した土曜日、
毎年恒例のフライフィッシャーが集うキャンプにいってきました。

この時ばかりは、釣った鱒はリリースせず、
塩焼きで味わうのが定番なのですが、、
、、ボーズ食らいました!
いやいや、増水してましてね、、、、
ほら。。
f0280739_21113923.jpg

ええ、言い訳ですよ。(笑)


とにかく、キャンプです。
皆が思い思いの川で釣りをして、キャンプ地に集まります。
f0280739_218502.jpg

今回も僕のテントは、アライテントのエアライズ1。
慣れたので暗闇でも設営できますよ。
f0280739_21152010.jpg


今年参加のB君。
クッキングブース作って、リアルタイムスモーク!
やるなー!
f0280739_2118563.jpg


最近のキャンパーはあまり炊飯はしないみたいですね。
ところが僕は白飯が大好きなので、必ずメシを炊きます。
この羽根つき釜で炊くと旨いんだ、これが!
f0280739_2122114.jpg


ここのキャン地は、珍しく直の焚き火OKです。
焚き火はいいよね。
f0280739_2125872.jpg

酒も進んでます
f0280739_2129367.jpg


今回は、料理のバリエーションがスゴかったですね〜
定番の焼き物、肉、海鮮。 中華。  ダッチオーブン料理。
あらゆるキノコ。 あらゆるスモーク。 あらゆるアルミホイル包み焼き。
作るのと食べるので、あまり写真は撮ってませんでした。
f0280739_21322124.jpg


夜も更けると、B君がまた大活躍で、持ってきたるは
ウクのレレ。  ウクレレ。
f0280739_21334584.jpg

なぜか、涙そうそう で大合唱がはじまったりして、、

釣りの話したり、食ったり、歌ったりで、
やっぱりキャンプはいいね〜

それに、キャンプしてると、他の地から来た人と知り合って
色々話し出来たりするのも楽しいですね。

今年の春に、十和田湖でキャンプした時は、
京都からアメリカンバイクで来た70歳のおっちゃんと
ずっと話し込んで、楽しい夜を過ごしました。


今回のキャンプでは、何と海外からのゲスト。
フランス、イギリス、イタリア、韓国、タイ、日本。
多国籍の大学生です。

焚き火とウクレレの音に引き寄せられたようです??

ここでもなぜか、涙そうそう の大合唱!
そして、フランスマドモアゼルの歌う オーシャンゼリゼ!

何この空気! 楽しすぎるよ!
ブログに載せてもOKとのことで、記念にパシャ!
f0280739_21523857.jpg

みんな、デザインの勉強しているとのことなので、
将来、彼女らがデザインしたプロダクトを手にしている事でしょう。
目的意識を持った、聡明な若者たちは、皆 チャーミングでした。


楽しい時間はあという間に過ぎ去り、朝です。
f0280739_2201236.jpg

朝はコーヒーが定番ですが、最近僕はお茶です。
南部鉄器の急須がお気に入りでございます。
f0280739_2223411.jpg


お茶を頂き、清々しく帰りました。
ほとんど釣りしてないけど、楽しかったな〜。
また、キャンプしましょうね。
[PR]
# by seki66 | 2015-09-13 22:14 | キャンプ | Comments(4)
カヤックでバス釣り
f0280739_23363563.jpg


ザッパーーン!

遠くの波の音は
ドッフーーーン!

テトラの向こうのウネリもスゲー!

コレはカヤックはムリ!

「カヤックサーフィンのチャンスだよ〜」
悪魔がささやくけど、振り切って帰りました。


お盆過ぎてから、ずっとこんな感じですね〜

海は厳しいので、ちょこちょこバス釣りなんかに行ってました。。
カヤックもフライフィッシングも楽しめます。

撮りためているので、小出しにしてみよう。。
f0280739_23473096.jpg

f0280739_23481878.jpg

f0280739_23483244.jpg

f0280739_23484868.jpg

f0280739_0231049.jpg

f0280739_2349694.jpg

f0280739_23493272.jpg

f0280739_23494476.jpg

f0280739_23495661.jpg


サイズはソコソコですけど
天気が良いとバコバコ釣れて楽しい〜〜

逆に天気が悪かったり、気温が低かったりすると、
ドライフライ(トップウオーターって言うの?)では厳しかったりしますね。

そんな時は、沈めるゾンカーとか、マラブーとかでやると、これまた釣れたりして。
パターンってやつですね。。 楽しいです。。

でもね、沈めるパターンでのヒットは 画的に地味。。。
結局浮くフライを結んでしまいます。

ここで、気がついた!

私、、、映像の為に釣りしてる???

わははは〜 ほとんど艇の左舷で取り込みしてるし。。


いいんです。  釣って、画に残すところまでが僕の釣りです。

ではまた!
[PR]
# by seki66 | 2015-09-01 00:41 | カヤックフィッシング | Comments(2)
キャンプ道具:アルコールストーブ
キャンプ、好きなんですよ〜

真夏のキャンプも良いですが、
これからの季節、秋にかけてのキャンプが好きです。

チョット肌寒い感じ、、シュラフに入ってちょうどいい感じ。。
暖かい料理が一層美味くなります。

その料理を作るときに欠かせないのが、ストーブ類。
お手軽な、カセットガスのタイプを愛用しています。

しかしですよ、 朝、静かなフィールドでガスストーブの
ガーーーーー!って言う音はいただけません。

そんな時はアルコールストーブに限ります。



・・・・・・・
突然ですが、
空き缶で作ってみました。
f0280739_21503348.jpg

炎が外に出るタイプと内側に出るタイプ。
内側に出る方は、毛細管現象を利用したので
ほとんど予備燃焼が無く、本燃焼が始まります。

VARGOのウッドストーブなんかと組み合わせて使います。
f0280739_2155876.jpg

作り方はweb上にたくさんありますので、参考にさせてもらいました。


早速 ファイアーテスト!
f0280739_2156673.jpg

f0280739_21561855.jpg


内側タイプは燃焼穴をナナメにしたので 炎がトルネードになるはずでしたが
イマイチ、トルネっていません。。

実用度は、、
コーヒーやカップラーメンのお湯を湧かすぐらいなら十分です。
袋ラーメンを作るにはもうちょいパワーと持続力が必要でした。

ま、キャンプは不自由さを楽しむのが吉と思います。。。

10月の十和田湖、ヒメマス釣り、からの キャンプなんか最高ですよ!
今年はカヤックも有るし、楽しみです。





ところで、炎の写真って難しい!!!
超絶、難しい!
ただ、炎を使った表現のスゴい可能性を感じたのも事実。
こりゃ、楽しみが増えたよ!
[PR]
# by seki66 | 2015-08-24 22:24 | キャンプ | Comments(0)
閑話:雨の日曜日
朝目覚めると、雨、風、ともに強く
釣りは無理と判断。
ダラダラと日曜日を過ごしました。

そんな休日の閑話(かんわ)です。
お暇なら、読んでね。

カヤックフィッシングで、
クーラーに入らない程の大物が釣れた時は、
ストリンガーにつなぎます。

僕もストリンガーを購入したんですが、付属のヒモって長いっすよね。
なので、短くしました。
ヒモはカットしてポイ!
別途 ナイロンの縄を使いました。

縄端は ”サツマ” を入れてスッキリとね。

ココから始めて、
f0280739_1831379.jpg

こうなって
f0280739_183321.jpg

出来上がり。 輪っかにカラビナ付ければオッケーでしょう!
f0280739_1835531.jpg


ちなみに、パラシュートアンカーとかも縄を使ってます。

ロープじゃなく ナワって言うところが 海の男用語です(笑)。


用語と言えば、、
カヤックの前後は バウ、スターンっていうんですね。
カヤックというか、船舶用語ですね。

実は、まだコレに慣れなくて、 
「バウ」・・・はて?前だっけ? って感じです??

船首・・・オモテ
船尾・・・トモ
右舷、左舷
の方がしっくりくる、わたくしです。。



さて、
バウの話が出たので、、バスの話。。。

今年、初めてバス釣りをしました。
動画をUPしてるのでご覧になったかと思います。

ぶっちゃけ面白いです。
バス人口が多いのもうなずけます。

僕はフライでバスに挑みました。
あのポイント、あの時期、という前提ですが
水面バコーンで爆釣しました。

ルアーの人がどんなフライを使ってるのか、聞きに来たぐらいですから
ほんと、よく釣れました。

しかも釣れると、がっぷりと飲み込んでるんですね。
f0280739_1820104.jpg

以前紹介しましたが、使ったのはこんなフライ。
f0280739_18204650.jpg


もしかして、ぼくは とんでもない爆釣フライを生み出したのでは!!
な〜〜んて考えたりしてね。


実際 釣れすぎて、フライが壊れてしまったので、
量産体制に入りました。 微妙にアレンジ変わってますが??
f0280739_1825187.jpg



このフライ、、名前は無いです。
良い名前のアイデアあれば、
コメント欄にでも書いていただければ嬉しいです。。



おっ、雨もやみ、風も穏やかになったようです。
晩ご飯の準備でもしようかな。

暇人の無駄話にお付き合いいただき、ありがとうございました。
ではまた。
[PR]
# by seki66 | 2015-08-23 18:43 | 道具 | Comments(2)
フライキャスティング
フライフィッシングは まず、キャスティングだと思っています。

他の釣りとは大きく異なる動作であり、
フライフィッシングの最も特徴的な部分です。

渓流域でのトラウトフィッシングで言えば
フライロッドはキャストした後、魚が出るまでは、ほぼ仕事が無くなります。
なので、キャストを終えた時点で、魚を釣る段取りが出来ていなければなりません。

つまりは、フライを自然に流す(ナチュラルドリフト)為のプレゼンテーション。
流れに対するラインの置き方、その為の立ち位置、ロッドの角度、
魚に悟られない距離からの遠投、ソフトなプレゼンテーション。

フライのエキスパートたちはそれらを瞬時に判断し、行っています。

この間、フライの師匠との釣行で、そのエキスパートのキャスティングを
盗撮してたんです。。。
許可が下りたんで、早速youtubeにアップしました。


簡単にやってるように見えますし、本人は あまり納得してないようですが
僕みたいなヘナヘナなフライマンからすれば、これはスゴいですよ!

低い軌道で覆いかぶさる木々を避け、この立ち位置故のバックハンドキャスト。
複雑な流れを把握して、ラインを置いてるので スパンと伸びたラインでも
フライはナチュラルに流れる。。

コレ見たとき、もう参った! と思いましたよ。


フライフィッシングをやってる以上、少しでもこのようなキャスティングに
近づきたいとも思いました。

将来 僕のキャスティングが上達してたら、
こっそり練習したんだと思ってください。
[PR]
# by seki66 | 2015-08-21 23:40 | フライフィッシング | Comments(4)
  

準備は整った。あとは釣るだけ!なのだが。。。
by seki66
プロフィールを見る
最新のコメント
hirosanどーもです..
by seki66 at 23:50
今年は雪も少なく状況良さ..
by hirosan at 17:11
楽しそうなことはとりあえ..
by seki66 at 06:45
なんでもやれますね(・∀..
by だんでー at 20:25
satoooooさん〜、..
by seki66 at 22:30
おかえりなさーいseki..
by satooooo777 at 22:37
ご返信ありがとうございま..
by ieneko at 07:11
ieneko さん はじ..
by seki66 at 23:55
はじめまして。 忍のホ..
by ieneko at 22:29
shimaさん、どうも〜..
by seki66 at 23:17
検索
最新の記事
渓流解禁
at 2017-03-20 20:06
初釣りは管釣り
at 2017-02-27 23:30
シーズン前に
at 2017-02-21 21:48
秋の十和田湖 イクラ丼
at 2016-10-09 20:48
漕船釣
at 2016-10-02 20:12